UPDATED. 2024-04-16 10:16 (화)

ハドル01がハイブマインド主導で280万ドルを調達し、初の分散型通信ネットワークを構築
상태바
ハドル01がハイブマインド主導で280万ドルを調達し、初の分散型通信ネットワークを構築
  • 블록체인투데이
  • 승인 2023.04.07 04:46
이 기사를 공유합니다

ニューヨーク, 2023年4月7日 /PRNewswire/ -- 世界初の分散型リアルタイム通信(dRTC)ネットワークを構築している米国およびインドを拠点とする企業、ハドル01(Huddle01)は本日、世界トップのデジタルアセット投資企業ハイブマインド(Hivemind)が主導するシードラウンドで280万ドルを調達し、現在までに合計450万ドルを獲得したことを発表しました。このラウンドには、スーパースクリプト(Superscrypt)、M31キャピタル(M31 Capital)、プロトコルラボ(Protocol Labs)、イーストベンチャーズ(East Ventures)、ロングハッシュベンチャーズ(Longhash Ventures)、グッドニュースベンチャーズ(Good News Ventures)などのファンドや、Balaji Srinivasan氏、Stani Kulechov氏、Dan Romero氏、Juan Benet氏などの注目のエンジェル投資家が参加しました。 

Huddle01 logo

「ハドル01は動画および音声コミュニケーション産業の前線でブロックチェーン技術を活用し、コミュニケーションをこれまでにないほど迅速かつ安価に、アクセスしやすくしています。 人々がコミュニケーションする方法に革命を起こす可能性を秘めたプロジェクトに参加できることを、とても嬉しく思っています。ハドル01はそのビジョンに向かって前進しており、彼らと連携できることを楽しみにしています」と、ハイブマインドの業務執行社員であるLee Smallwood氏は述べています。

ハドル01はより効率的で信頼できる、安全な音声/動画コミュニケーションを実現するために、3方面アプローチをとっており、それにはビデオミーティングプラットフォーム、AVインフラストラクチャ、dRTCネットワークが含まれています。 そのプラットフォームは、すでに100万分以上のミーティングを記録しています。 インフラストラクチャ(デベロッパーSDK)には、それに加えて100以上のプロジェクトがあります。 また、dRTCネットワークでは、リアルタイムのコミュニケーションに中央サーバーが必要なくなります。

「分散化はスイッチではなく、スライダーである必要があります。 ハドル01は需要第一のアプローチを用いて、インフラストラクチャに十分な需要を作り、インセンティブがあるネットワークをローンチした時に、中央化された通信に比べてパフォーマンス、プライバシー、コストに優れた自立かつ自己推進型のネットワークになるように計画を立てています」と、ハドル01の共同創設者兼CEOであるAyush Ranjan氏は述べています。

資金調達の新しいラウンドでは、ハドル01は数千のアプリをサポートするエコシステムを成長させ、ノードのネットワークをローンチして、大規模なコミュニケーションを促進し、ハドル01トークンを報酬として提供する計画を立てています。 さらに、ハドル01は開発者がハドル01のインフラストラクチャで人気のアプリケーションを構築し、グローバルネットワークを広げられるよう、補助金プログラムを展開する予定です。 ハドル01は、ソーシャル、ゲーミング、メタバース、ビデオコマース産業にも参入し、ボトムアップ採用を実現しようとしています。

「私たちは、インセンティブの仕組みがある、自己主権型の分散リアルタイム通信ネットワークを必要としています。 それを実現するには、クライアントサーバーアーキテクチャから暗号経済ベースのノードトゥノードアーキテクチャに移行する必要があります」と、ハドル01の共同創設者兼CTOのSusmit氏は述べています。

この世代のデジタルネイティブ習慣とともにARとVR分野において進行している技術発展が、新しい高度なコミュニケーション方法へ移行しています。ハドル01は、分散型のリアルタイム通信がパフォーマンスを大幅に向上させ、コストを減らし、やり取りの安全性を改善するだけでなく、ビデオコマース、ソーシャル、ゲーミング、教育、メタバースといった主要セクターにおける中央集中型通信インフラストラクチャを分断すると信じています。 

詳細については、ハイブマインドのブログ投稿をお読みください。

ハドル01Huddle01)について

Ayush Ranjan氏とSusmit Lavania氏が考案したハドル01は、ブロックチェーンと暗号経済を活用することでリアルタイムの通信をオープンかつ安全で、ボーダーレスなものに変えるというビジョンのもと、2020 ETHGlobalハッカソンで共同創設されました。 ハドル01は、暗号プリミティブを使用するZoomと似た独自のビデオミーティングプラットフォームを持ち、100万分以上のミーティングを記録しています。 インフラストラクチャ(デベロッパーSDK)には、それ以外にソーシャル、DAOツーリング、教育、メタバースなどのカテゴリのプロジェクトが100以上あります。 また、複数のweb3アプリケーションが構成可能なハドル01 SDKをビデオ通信レイヤーとして統合しています。 2023年第4四半期にdRTCネットワークをローンチする予定であり、リアルタイムのビデオコミュニケーションで中央サーバーに頼る必要なくなります。 詳細については、www.huddle01.comをご覧ください。

ハイブマインド(Hivemind)について

ハイブマインド・キャピタルパートナーズ(Hivemind Capital Partners)(「ハイブマインド」)は、ブロックチェーン技術、暗号企業、デジタルアセットエコシステムを専門とする暗号中心の投資企業です。 ハイブマインドは、多方面戦略アプローチを活用して起業家向けの全行程に対応する資本ソリューションを作り、暗号投資を制度化するカテゴリ主導のインフラストラクチャを提供しています。

メディア問い合わせ先:

Ayush Ranjan

Huddle01 | ayush@huddle01.com

Twitter:@huddle01com

ロゴ - https://mma.prnewswire.com/media/2048495/Huddle01_logo.jpg

SOURCE Huddle01


댓글삭제
삭제한 댓글은 다시 복구할 수 없습니다.
그래도 삭제하시겠습니까?
댓글 0
댓글쓰기
계정을 선택하시면 로그인·계정인증을 통해
댓글을 남기실 수 있습니다.
주요기사
이슈포토