UPDATED. 2024-05-17 17:27 (금)

Artmarket.com: Artprice、2023年のNFTオークション市場と、デジタルアーティストのトップ50を振り返り、ウォールストリートのETFでの暗号通貨の記録的な未来について確約
상태바
Artmarket.com: Artprice、2023年のNFTオークション市場と、デジタルアーティストのトップ50を振り返り、ウォールストリートのETFでの暗号通貨の記録的な未来について確約
  • 블록체인투데이
  • 승인 2024.03.15 19:17
이 기사를 공유합니다

パリ, 2024年3月15日 2023年は、博物館によるNFTの初めての取得から始まり、年末には株式市場と主要な暗号通貨にもう一つの強気相場を迎えました。

また、暗号通貨の重要な出来事として、世界最大の資産運用会社であるブラックロック(BlackRock)とフィデリティ(Fidelity)が2024年1月11日にSECから承認を受け、ビットコインに直接投資するETF(ビットコインスポットETF)を立ち上げたことが挙げられます。これはビットコインにとって大きな節目となりました。2024年3月11日時点で同通貨の価格は約72,000ドル、Ethereumの価格は4,000ドル程度です(ETH ETFもまもなく登場予定です)。

ブラックロック(BlackRock)とフィデリティ(Fidelity)はビットコインのおかげで過去30年で最高のETF立ち上げを達成しました。「IBIT」と「FBTC」というファンドは、取引開始からわずか1ヶ月で65億ドルを調達し、これはそれまでに立ち上げられた5,500以上の他のインデックスファンドよりも多いです。Les Échos紙は、2024年1月10日付の記事で「ビットコイン ETF:SEC、ウォール街の大きな扉をビットコインに開く」という見出しを掲げています。

これはビットコインにとって新たな記録です。過去30年間に立ち上げられた5,535のETFの中で、ブラックロック(BlackRock)の「IBIT」とフィデリティ(Fidelity)の「FBTC」が最も強力なスタートを切った、とブルームバーグ(Bloomberg)の専門家、Eric Balchunas氏は語っています。

2024年3月11日の月曜日、ブルームバーグ(Bloomberg)の報道(Tom Metcalf & Emily Nicolleによる)で、「ロンドン証券取引所は第2四半期から、ビットコインとEtherを裏付けとする上場投資証券(ETN)の申請受付を開始する」と発表し、ロンドンがヨーロッパ大陸の暗号通貨の首都であることを確認しました。

これにより、個人投資家やプロの投資家は、時価総額第1位の暗号通貨に間接的に投資することが可能になりました。つまり、その資産を直接保有する必要はありません。

暗号通貨を通じて、新しいコレクターや美術愛好家がアート市場に惹き寄せられています。彼らは、投機やリスクを冒す興奮を嫌がらずに、Web 3.0の暗号通貨の世界にしっかりと結びついています。

Artprice by Artmarketの近い将来は、Web 3.0(メタバースとNFT)とArtpriceの人工知能、Intuitive Artmarket® AIが交わる場所となるでしょう。

2023年のNFTオークション期間は、前の2年間よりもかなり投機的ではなく、デジタルアートがようやく国際的な文化および経済環境に穏やかに定着しました。NFT市場が固まるにつれ、Artpriceは2023年にオークション会場で落札されたNFTの取引の概要をまとめています。これはソザビーズによって支配されましたが、アートバーゼルマイアミビーチフェアの際にクリスティーズの「Next Wave」セールで締めくくりました。

 公のNFTオークションからの収益の月次進化

Monthly evolution of proceeds from public NFT auctions

インフォグラフィック - https://mma.prnewswire.com/media/2360542/NFT_auctions_1_Infographic.jpg

[ https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2024/03/image1-monthly-evolution-of-proceeds-from-public-nft-auctions.png ]

Artmarket.comのCEOでありArtpriceの創設者であるThierry Ehrmannは次のように断言しています:「NFTAIを通じたデジタルアートは革命であり、それを拒否したり貶めたりするよりも、支援し伴走することが遥かに良い。

Artpriceのサブスクリプションは間もなくETHBTCでの支払いが可能となり、既に当社のデータベースはこの二つの暗号通貨を受け入れるように調整されています。NFTを対象とした標準化マーケットプレイスの開設によりデジタルアーティストを支援することを大変誇りに思っています。さらに、2023年の現代アート市場の最新年次報告書のカバーに、デジタルアーティストJosh Pierceによる作品『Flow』2023)を採用し、2024年に出版された当年のアート市場レポートのために、アーティスト1dontknowsNFT作品『Chaos under the pure light』を取得し紹介しました。」

2023年現代アート市場年次報告:

https://imgpublic.artprice.com/pdf/le-marche-de-lart-contemporain-2023.pdf

https://imgpublic.artprice.com/pdf/the-contemporary-art-market-report-2023.pdf

2024年発表の2023年度アート市場報告:

https://imgpublic.artprice.com/pdf/le-marche-de-lart-en-2023.pdf

https://imgpublic.artprice.com/pdf/the-art-market-in-2023.pdf

このNFTのパラダイムシフトは、5つの言語で公開されたARTEドキュメンタリー「NFT、アート界のカオス」で説明されいます。

https://www.youtube.com/watch?v=_08d_1oY-Lo 

このドキュメンタリーでは、 自身もビジュアルアーティストであり、NFTアーティストでもあるArtprice.comの創設CEO、thierry Ehrmann氏が、他のアーティストや専門家、国際的なアートNFT界の関係者と共に、独自の分析を披露しています。

美術史におけるNFTの意義を理解するには、NFTが象徴するデジタル面と文化面における革命、そして短期および中期的な役割や影響についての予測が必要です。

thierry Ehrmann氏によれば、「Artprice by Artmarket.comは、アート市場に関する年次報告書や上場企業として公表される規制情報において、NFTについて常に言及してきました。ブロックチェーンや暗号通貨の真の理解、そしてサイファーパンク(1990年代初頭のPGP型データ暗号化の時代)における文化的な起源を理解しなければ、この新しい市場を適切に把握することはできない」とのことです。

すべての基本的なパラメータと必要なデータを考慮に入れると、暗号通貨や主要な国際通貨の環境下で、アートNFTの一次発行の認証に真に応えることができるのはArtprice by Artmarketだけです。

2024年において、Artprice by Artmarketは27年以上にわたり世界のアートマーケット情報のグローバルリーダーであり、世界的に認められたデータベースの作成者かつ所有者でもあるという事実に基づき、アートNFTの原初発行の認証者として独特の位置を占めることになるでしょう。さらに、Artpriceは1700年から現在までのアート市場の資料、原稿、写本、注釈付き販売カタログなど、世界最大の文献コレクションを所持しており、これによってデータベースの真正性と歴史的な信憑性が保証されています。

1.2023年のNFTオークション:主要な数字

- 販売されたロット数:350ロット

- 売れ残りロット数:53ロット(全体の13%)

- NFTを専門とするか含むセールスセッションの数:32回

- 参加した異なるアーティストの数:259人

- 売上高(手数料含む):2,270万ドル

- 2022年比での成長率:+65%

- 世界のファインアート売上高の0.2%

- 月平均で販売されたNFTの価値:190万ドル

- 活動しているオークションハウスの数:6軒

- 売上高の82%はSotheby'sによる物(1,840万ドル)

- Sotheby'sで2023年6月15日に行われた「Grails: Property from an Iconic Digital Art Collection Part II」セールの総売上:1,090万ドル

- 最低価格:Asa Jarjuによる「Ghost Sphynx」(2023)、126ドル

- 平均価格:64,800ドル

- 最高価格:Dmitri Cherniakによる「Ringers #879The Goose」(2021)、620万ドル

https://www.artprice.com/artist/1091079/asa-jarju/nft/31233678/ghost-sphynx

https://www.artprice.com/artist/1023654/dmitri-cherniak/nft/30581409/ringers-879-the-goose

NFTの公開オークションの価格範囲とオークションハウス別の分布

Distribution of public auctions of NFT by price range and by auction house

インフォグラフィック - https://mma.prnewswire.com/media/2360541/NFT_auctions_2_Infographic.jpg

[https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2024/03/image2-distribution-of-public-auctions-of-nft-by-price-range-and-by-auction-house.png]

2. 7桁の競売額およびその他の特別なセールス

2023年、NFTカテゴリーで最も高い結果を出した上位7作品は、ジェネレーティブアートによる作品でした。この自己生成型およびランダムな芸術的アプローチは、NFTの歴史の中核をなし、特にBored ApesCryptoKittiesのような物議を醸すプロフィール写真(PFP)シリーズで顕著です。しかしながら、これらのシリーズは今や、ジェネレーティブシーンの最前線から退き、Dmitri CherniakやTyler Hobbsといったアーティストによって作成された抽象的な作品にその位置を譲っています。実際、Larva LabsによるシリーズAutoglyphは、同アーティストデュオを有名にしたCryptoPunksよりも高い価格で取引されるようになりました。

昨年オークションで最も期待された作品の中に、1980年代末にKeith Haringが作成したデジタル作品5点が、Keith Haring Foundationによって2023年9月にChristie'sで販売されることがありました。これらの実験は、Andy Warholによって行われた実験の数年後、デジタル作成ソフトウェアを装備した最初のコンピューター上で行われました。5つのユニークなNFT(#1/1)の形態で、これらの作品はいずれも25万ドルから35万ドルの間で買い手を見つけました。

https://onlineonly.christies.com/s/keith-haring-pixel-pioneer/lots/3479?sc_lang=en

2023年にオークションで販売されたNFT作品のトップ20の結果

1. Dmitri Cherniak(1988年生まれ) - Ringers #879(The Goose)(2021): $6,215,100

2. Tyler Hobbs(1987年生まれ) - fidenza #725(2021):1,016,000ドル

3. Snowfro(20-21世紀) – Chromie Squiggle #1780(2021):635,000ドル

4. Tyler Hobbs(1987年生まれ) - Fidenza #479(2021):622,300ドル

5. Tyler Hobbs(1987年生まれ) - fidenza #216(2021):609,600ドル

6. Larva Labs(2005年生まれ) – Autoglyph #187(2019):571,500ドル

7. Tyler Hobbs(1987年生まれ) - fidenza #724(2021):442,170ドル

8. Keith Haring (1958-1990) - Untitled(1987年4月14日)(1987):352,800ドル

9. Keith Haring (1958-1990) - Untitled #1(1987年4月16日)(1987):352,800ドル

10. Keith Haring (1958-1990) - untitled #2(1987年4月16日)(1987):352,800ドル

11. Kjetil Golid(1991年生まれ) – Archetype #397(2021):330,200ドル

12. Larva Labs(2005年生まれ) - autoglyph #218(2019):330,200ドル

13. Tyler Hobbs(1987年生まれ) - Fidenza #290(2021):279,400ドル

14. Tyler Hobbs(1987年生まれ) - Fidenza #871(2021):279,400ドル

15. Keith Haring (1958-1990) - untitled(1987年2月2日)(1987):277,200ドル

16. XCOPY(1981年生まれ) – Loading New Conflict… Redux 6(2018):254,000ドル

17. Larva Labs(2005年生まれ) – CryptoPunk#4153(2017): 254,000ドル

18. Keith Haring (1958-1990) - untitled(1987年2月3日)(1987): 252,000ドル

19. Tyler Hobbs(1987年生まれ) - Fidenza #370(2021): 241,300ドル

20. Tyler Hobbs(1987年生まれ) - Fidenza #861(2021): 241,300ドル

3.オークション会場とメタバース両方

Sotheby'sは現在、NFT市場で最も活躍なオークションハウスとして際立っており、この新しい媒体に特化したセッションを定期的に開催しています。2023年6月15日には、そのセール「Grails: Property from an Iconic Digital Art Collection」のパートIIがニューヨークで開催され、総額1,090万ドルを記録しました。しかし、NFTに特化したこれらのセールだけでなく、Sotheby'sは現在、一般セッションにもNFTを含めています:2023年5月19日にニューヨークで開催された現代美術のデイセールでは、Tyler HobbsのFidenza #725(2021)が、推定価格12万ドルから18万ドルに対して、手数料を含め100万ドル以上で落札されました。

https://www.artprice.com/artist/1062390/tyler-hobbs/nft/30222588/fidenza-725

パトリック・ドラヒの指導のもと、Sotheby'sはWeb3に完全に特化した新しいプラットフォーム「Metaverse」を展開しました:https://metaverse.sothebys.com。2023年には、Sebastião Salgadoによる5,000枚の写真をNFTの形で販売し、アーティストのTony Sheederがピックした「Snow Crash」セッション、そして最後にパイオニアであるVera Molnarによる500点のユニークな作品のセールを開催しました(残念ながら彼女はその直後の2023年12月7日に亡くなりました)。

しかし、Sotheby'sがそのメタバースプラットフォームで行ったプロジェクトは、結果の透明性やコミュニケーションの面で公開セールとはやや異なり、間違いなくプライベートセールに近いものです。sothebys-grails.ethウォレットには今日でもいくつかの重要なNFT作品が見られ、Sotheby'sのMichael Bouhanna(VP、現代美術スペシャリスト兼デジタルアートとNFTの責任者)によると、これらはプライベートセールで利用可能です:

CryptoPunk #6669:

https://opensea.io/assets/ethereum/0xb47e3cd837ddf8e4c57f05d70ab865de6e193bbb/6669 

Fidenza #526:

https://opensea.io/assets/ethereum/0xa7d8d9ef8d8ce8992df33d8b8cf4aebabd5bd270/78000526 

Bored Ape #8552:

https://opensea.io/assets/ethereum/0xbc4ca0eda7647a8ab7c2061c2e118a18a936f13d/8552

4.「オンチェーン」対「オフチェーン」トランザクション

これまでにSotheby'sによって公開オークションで販売されたNFTアート作品の大部分は、そのMetaverseではなく、主要なウェブサイトを通じて取引されており、そのため取引はブロックチェーンの外で行われています。言い換えれば、これらは「オフチェーン」というものであり、NFTの履歴にはハンマープライスが表示されず、作品の所有権の二重移転のみが可視化されます:売り手のポートフォリオ(アーティストまたはコレクター)からSotheby'sへ、そして支払い完了後にSotheby'sから買い手のウォレットへ。

これらの「オフチェーン」取引により、オークションハウスは取引をより大きくコントロールできるようになり、特に作品を新しい所有者に移転する前に支払いを収集することが可能になります。これにより、ソザビーズは通常の手数料を加算して手数料を徴収することができます。一方、Christie'sは、そのChristie's 3.0プラットフォームhttps://nft.christies.comを通じて「オンチェーン」取引を行い、手数料を徴収しません。そのFAQでは、「クリスティーズ3.0はハンマープライスにバイヤーズプレミアムを加算しません」と明記されており、「入札時、該当する場合は売上税の支払いとNFTの受け取り時にガス料金を支払う必要がありますが、最終購入価格にはガス代は含まれません」とされています。しかし、これらのガス代はブロックチェーンの運用コストに関連するものであり、オークションハウスによって徴収されるものではありません。

5.美術館のコレクションへのNFTの導入

2023年、いくつかの美術館がNFTの取得を開始しました。中でも最も有名なのは、LACMA、MoMA、ポンピドゥー・センター、そしてエクサン・プロバンスのグラネ美術館です。2021年にはいくつかの機関が自館の名作のデジタル複製品を販売するという曖昧な状況が見られましたが、現在は美術館が直接アーティストやそのコレクター経由でNFTを取得するという事態になっています:

•  ポンピドゥーセンターが取得したCryptoPunks #110と、

•  LACMAが取得したCryptoPunks #3831

オークションハウスが「オンチェーン」取引に対して抱く慎重な姿勢は、作品の取得に関して厳格な規制を受ける博物館にも共通しています。そういった機関が従わなければならない手続きは、Web3の透明性と分散化の原則と時に衝突します。そのため、公共機関は現時点では「オフチェーン」の作品を取得することを好み、すべてのNFTアートワークを一つのウォレットに配置することを避けています。

ロサンゼルス郡美術館(LACMA)は、2023年2月に匿名のコレクター、Cozomo de' Mediciから22個のNFTを寄付されましたが、その電子ウォレットには8点の作品しかありません。Monica Rizzolliによる「Fragments of an Infinite Field #972」のようないくつかのNFTはまだ配信されておらず、Cozomo de' Mediciのウォレットに残っています。有名な「CryptoPunk #3831」に関しては、その作品は独立したポートフォリオに配置されています。

LACMAによる22のNFT取得の公式発表:

https://unframed.lacma.org/2023/02/24/new-acquisition-cozomo-de-medici-collection

OpenseaでのLACMAコレクション:

https://opensea.io/0x9482B7FEF251Ebb81CeF01108c5512C27520003D

Monica Rizzolliによる「Fragments of an Infinite Field #972」:

https://opensea.io/assets/ethereum/0xa7d8d9ef8d8ce8992df33d8b8cf4aebabd5bd270/159000972

Larva Labsによる「CryptoPunk #3831」:

https://opensea.io/0x0f7f63BA74681EfC4eab9777a463E2aF45916EDf

Centre Pompidouの主任学芸員であるMarcella Listaは、フランスの美術館が初めてNFTを取得する際に従った手順について説明しました:

Centre Pompidouは、トークンの受け取りと保存のために専用のデジタルウォレットを開設しました。作品のファイルは、コレクション内の任意のデジタル作品と同様に、Pompidou Centerの保存サーバーに並行してアップロードされて保存されています。作品は、美術館の通常の慣行に従い、クラシックな取得および配布許可契約を経て取得され、ユーロで支払われました。

これらの作品のNFTプラットフォームおよびPompidou Centerデータベース上の可視性の異なる状態は、長い契約手続き、私たちの目録への登録、およびデータベースへの入力によって説明されます。まだ表示されていない作品は、この管理、会計、技術のチェーンで処理されています。

OpenseaでのCentre PompidouのNFTコレクション:

https://opensea.io/Centre_Pompidou_MNAM

Centre Pompidouの「CryptoPunk #110」:

https://cryptopunks.app/cryptopunks/details/110

6.2024年の安心スタート

オークションハウスのChristie'sとSotheby'sは、それぞれNFTに特化した1つと2つのセールで2024年をスタートしました。Patrick Drahiの会社は、今年既にセグメントの売上の92%を生み出し、リードを取っています。

Sotheby'sのセッション「GRAILS: Starry Night」と「Natively Digital: An Ordinals Curated Sale」は、それぞれ100万ドル以上を総計し、19ロットと18ロットが売却され、売れ残りはありませんでした。最高の結果の一つは、デジタルアーティストFARによる「Genesis Cat, for Taproot Wizards」(2024)で、落札されました。NFT市場は現在、より「シリアス」作品に焦点を当てていると一般に考えられていましたが、このオフビートな作品(CryptoKittiesを彷彿とさせる)は、2024年のスタートで推定範囲は15,000ドルから20,000ドルに対し、254,000ドルという最高のNFT結果を収めました(1月22日にニューヨークのSotheby'sにて)。 

https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2024/natively-digital-an-ordinals-curated-sale/genesis-cat?locale=fr

Satoshi Nakamoto、Xcopy、Beeple、Des Lucréceに対する10万ドルを超えるオークション結果は、これらのデジタルアーティストの成功が単なる逸話ではないことを示し続けています。2024年には、NFT市場のこれらの重要な署名による作品の価格が固まることが見込まれます。そして、ビットコインとEthereumの価値の上昇は、この進展に間違いなく助力となります。

7.2023NFT公開オークション売上高トップ50アーティスト

1. Dmitri Cherniak(1988年生まれ):7,880,898ドル(14ロット売却)

2. Tyler Hobbs(1987年生まれ):4,919,950ドル(15ロット売却)

3. Larva Labs(2005年生まれ):1,811,675ドル(9ロット売却)

4. Keith Haring (1958-1990):1,587,600ドル(5ロット売却)

5. Snowfro(20-21世紀):743,529ドル(3ロット売却)

6. Kjetil Golid(1991年生まれ):453,390ドル(7ロット売却)

7.Refik Anadol(1991年生まれ):386,796ドル(4ロット売却)

8. Shroomtoshi(20-21世紀):342,900ドル(2ロット売却)

9. 0xDEAFBEEF(20-21世紀):325,120ドル(3ロット売却)

10. Des Lucréce(20-21世紀):289,599ドル(10ロット売却)

11. Xcopy(1981年生まれ):254,000ドル(1ロット売却)

12. Six N. Five(1985年生まれ):210,321ドル(1ロット売却)

13. Seerlight(1993年生まれ):165,100ドル(2ロット売却)

14. Andrea Bonaceto(1989年生まれ):157,947ドル(1ロット売却)

15. Jack Butcher(20-21世紀):144,534ドル(4ロット売却)

16. Ripcache(20-21世紀):121,611ドル(2ロット売却)

17. Deekay Kwon(1989年生まれ):115,597ドル(1ロット売却)

18. Grant Riven Yun(20-21世紀):107,100ドル(1ロット売却)

19. Beeple & Madonna(20-21世紀):100,800ドル(1ロット売却)

20. luxpris(20-21世紀):90,170ドル(4ロット売却)

21. Pindar Van Arman(1974年生まれ):82,786ドル(3ロット売却)

22. Ryan Koopmans(1986年生まれ):78,315ドル(2ロット売却)

23. Matt Deslauriers(20-21世紀):62,611ドル(6ロット売却)

24. Hideki Tsukamoto(1973年生まれ):62,230ドル(4ロット売却)

25. Helena Sarin(20-21世紀)$61,355(3ロット売却)

26. Anyma(1988年生まれ):54,658ドル(1ロット売却)

27. Terrell Jones(1997年生まれ):54,052ドル(3ロット売却)

28. Jack Kaido(20-21世紀):49,638ドル(2ロット売却)

29. Mad Dog Jones(1985年生まれ):48,165ドル(1ロット売却)

30. Sam Spratt(20-21世紀):48,165ドル(1ロット売却)

31. Alpha Centauri Kid(1986年生まれ):45,139ドル(2ロット売却)

32. Elman Mansimov(20-21世紀):41,314ドル(1ロット売却)

33. GMUNK(1975年生まれ):38,559ドル(1ロット売却)

34. Sofia Crespo(1991年生まれ):36,915ドル(2ロット売却)

35. Laura El(1991年生まれ):35,645ドル(2ロット売却)

36. William Mapan(1988年生まれ):34,984ドル(1ロット売却)

37. Pop Wonder(1982年生まれ):34,925ドル(2ロット売却)

38. 0xdgb(20-21世紀)$33,020(1ロット売却)

39. neurocolor(20-21世紀):30,480ドル(2ロット売却)

40. omentejovem(20-21世紀):30,462ドル(1ロット売却)

41. Casey Reas(1972年生まれ):28,669ドル(3ロット売却)

42. Samantha Cavet(1997年生まれ):28,389ドル(2ロット売却)

43. Bryan Brinkman(1985年生まれ):28,236ドル(3ロット売却)

44. Luke Shannon(2000年生まれ):27,988ドル(1ロット売却)

45. Isaac Wright(20-21世紀):27,940ドル(1ロット売却)

46. Yatreda ያጥሬዳ(21世紀):27,543ドル(1ロット売却)

47. Ryan Talbot(1997年生まれ):27,329ドル(1ロット売却)

48. Guido Di Salle(1979年生まれ):26,308ドル(1ロット売却)

49. Tyler Hobbs & Dandelios Wist(20-21世紀):25,400ドル(1ロット売却)

50. Carlos Marcial(1984年生まれ):24,596ドル(1ロット売却)

画像:

[https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2024/03/image1-monthly-evolution-of-proceeds-from-public-nft-auctions.png]

[https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2024/03/image2-distribution-of-public-auctions-of-nft-by-price-range-and-by-auction-house.png]

Copyright 1987-2024 Thierry Ehrmann www.artprice.com - www.artmarket.com

•  統計やカスタマイズされた研究に関するご要望がございましたら、遠慮なく当社の計量経済学部門にご連絡ください: econometrics@artprice.com

•  当社のサービスをお試しください(無料デモ):https://www.artprice.com/demo

•  当社のサービスに登録してくださいhttps://www.artprice.com/subscription

Artmarketについて:

Artmarket.comは、Euronext ParisによるEurolistおよびEuroclearに上場しています:7478、Bloomberg: PRC、Reuters: ARTF。

ArtmarketとArtprice部門の詳細は、以下の動画でご覧いただけます:www.artprice.com/video

ArtmarketとArtprice部門は、1997年にCEOのthierry Ehrmann氏によって設立されました。ArtmarketとArtprice部門は、1987年設立のGroupe Serveur傘下に置かれています。

Who's Who©で経歴をご覧ください。

https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2024/02/2024_Biographie_thierry_Ehrmann_WhosWhoInFrance.pdf

Artmarketは、その他の構造とともに、Artprice部門を有するアート市場のグローバルプレイヤーであり、過去および現在のアート市場に関する情報(長年にわたって入手したオリジナルの文書資料、写本、注釈書、オークションカタログなど)の蓄積、管理、利用において世界トップの地位にあります。これらのデータバンクには、835,800以上のアーティストをカバーする3,000万以上の指標とオークション実績が含まれています。

アート市場に関する情報の世界的なリーダーであるArtprice by Artmarketは、Global Standardized Marketplaceを通じて、世界有数のファインアートNFTのプラットフォームとなることを目指しています。

Artprice Images®では、世界最大のアート市場の画像バンクに無制限にアクセスすることができます。1700年から現代までの芸術作品の写真や彫刻のレプリカなど、1億8,000万点以上のデジタル画像を当社の美術史家が解説しています。

Artprice部門を持つArtmarketは、7200のオークションハウスからのデータを常時蓄積し、主要な報道機関や広告代理店(7,200の出版物)向けに主要なアート市場情報を提供しています。720万人(「メンバーログイン」+「SNS」)のユーザーが他の会員が投稿した広告にアクセスできる本ネットワークは今日、固定価格または入札価格で、芸術作品の売買をおこなうGlobal Standardized Marketplace®の代表的な存在となっています(オークションはフランス商法L 321.3条第2項および第3項で規制されています)。

アートマーケットの未来は、ArtpriceのArtmarket® Intuitive AIにより今まで以上に明るくなりました。

Artprice部門を有するArtmarketは、アート市場におけるグローバルプレイヤーとしての地位を固めるプロジェクトにおいて、同社を支援してきたPublic Investment Bank(BPI)から「革新的な企業(Innovative Company)」という公的認証を2回受けています。

Artprice by ArtmarketによるGlobal Art Market ReportThe Art Market in 202320243月発表:

https://www.artprice.com/artprice-reports/the-art-market-in-2023

Artprice by Artmarketが2023年コンテンポラリーアート市場レポートを発表:

https://www.artprice.com/artprice-reports/the-contemporary-art-market-report-2023

ArtmarketがArtprice部門で掲載したプレスリリースの見出し:

https://serveur.serveur.com/artmarket/press-release/en/

FacebookとTwitterで、ArtmarketとArtprice部門がお届けする、すべてのアート市場ニュースをリアルタイムでご覧ください。

www.facebook.com/artpricedotcom/(フォロワー数650万人以上)

twitter.com/artmarketdotcom

twitter.com/artpricedotcom

ArtmarketとArtprice部門の秘術と世界観を発見してください。https://www.artprice.com/video有名なOrgane Contemporary Art Museum、「カオスの住処(The Abode of Chaos)」(ニューヨークタイムズ紙より)を本部所在地としています。https://issuu.com/demeureduchaos/docs/demeureduchaos-abodeofchaos-opus-ix-1999-2013

La Demeure du Chaos/カオスの住処

ゲザムトクンストヴェルク(総合芸術作品)とシンギュラー・アーキテクチャー(特異な建築)

機密のバイリンガル作品が現在公開されています:

https://ftp1.serveur.com/abodeofchaos_singular_architecture.pdf

L'Obs - The Museum of the Future(未来の美術館):https://youtu.be/29LXBPJrs-o

• www.facebook.com/la.demeure.du.chaos.theabodeofchaos999(フォロワー数400万人以上)

• https://vimeo.com/124643720

Artmarket.comとArtpriceの連絡先: Thierry Ehrmann, ir@artmarket.com

ロゴ - https://mma.prnewswire.com/media/2260897/Artmarket_logo.jpg

Artmarket.com Logo

 

SOURCE Artmarket.com


댓글삭제
삭제한 댓글은 다시 복구할 수 없습니다.
그래도 삭제하시겠습니까?
댓글 0
댓글쓰기
계정을 선택하시면 로그인·계정인증을 통해
댓글을 남기실 수 있습니다.
주요기사
이슈포토