UPDATED. 2024-04-16 11:01 (화)

ブロックスクエア ソウル、暗号通貨市場のトレンドを読む
상태바
ブロックスクエア ソウル、暗号通貨市場のトレンドを読む
  • 편집팀
  • 승인 2023.12.16 12:08
이 기사를 공유합니다

持株会社ユースメタ(youth meta)傘下のブロックスクエア(blocks quare)ソウルは、人工知能技術アルゴリズムを基盤に仮想通貨トレーディング秘書サービスを提供している。
2016年に設立された同社のロボアドバイザーであるゴヤボットは、リアルタイム市場モニタリングを通じて生成されたデータを基に180余りの仮想通貨の相場予測サービスを提供し、今後の価格変動を予測する。
ゴヤボットは取引所の呼び値ウィンドウの売買注文、ブロックチェーンネットワークで行われる取引データ、市場で発生する清算などを分析し、暗号通貨価格変動を予測する。
データに基づいて暗号通貨の収益性と安定性を評価し、点数を提供する。同点数はゴヤチャートというグラフで作られ、売買信号を提供する。
暗号通貨市場は24時間運営されるため、ロボアドバイザーは投資家により良い取引環境を提供するために24時間リアルタイム分析を提供し、投資家が情報に基づいた決定を下すことができるようにサポートする。
20人余りの技術専門家がデータを分析し、新しいアルゴリズムを設定して市場に対応する方式で人工知能を生成する。
この5年間無料で提供されてきた同サービスは、今や1日13,000ウォン(約10ドル)の有料化措置をとった。これまでに約 15、000 人のユーザーがサービスに加入していると会社側は明らかにしている。特に日本市場で強気(相場上昇傾向)を見せており、日本のユーザーは来る12月17日に東京でゴヤボットを活用したトレーディングについての討論会を開く予定だという。
この他にも常に新しい市場参入のためにシンガポール、香港、アメリカ、イギリスに4つの海外支社を運営している。
また、3月にはチャートを活用しづらい投資家のために、投資ポートフォリオと自動売買を連動させる自動売買サービスを販売開始する計画である。
未だ運営中である同サービスは、平均月10%の収益を生み出している。自動売買サービスにより、投資家は安定した収益を得ることができると会社側は説明する。
ユースメタの系列会社としては、ブロックスクエアソウル、マーケティング子会社のリトリー、暗号通貨資産成長プラットフォームのライジングX、暗号通貨財団のVOB、金融および投資部門のブロックスクエアインベストメントなどがある。


댓글삭제
삭제한 댓글은 다시 복구할 수 없습니다.
그래도 삭제하시겠습니까?
댓글 0
댓글쓰기
계정을 선택하시면 로그인·계정인증을 통해
댓글을 남기실 수 있습니다.
주요기사
이슈포토