UPDATED. 2024-04-16 10:16 (화)

Artmarket.com:2023年第4四半期の収益増加、同社の認識学習専用AIツール(Intuitive Artmarket®)をデータベースおよびNFTの一次発行のためのStandardized Marketplaceに接続することに関するお知らせ
상태바
Artmarket.com:2023年第4四半期の収益増加、同社の認識学習専用AIツール(Intuitive Artmarket®)をデータベースおよびNFTの一次発行のためのStandardized Marketplaceに接続することに関するお知らせ
  • 블록체인투데이
  • 승인 2024.02.20 01:28
이 기사를 공유합니다

2024年におけるArtprice by Artmarket.comの最新ニュース

パリ, 2024年2月19日 Gemini ProとChat GPT-5による人工知能、Arte TVで紹介されたアートNFT、さらにBitcoin(50,000ドル)とEthereumの急速な成長は、いずれもArtpriceで歓迎されています。

proprietary AI tool (Intuitive Artmarket ®)

 

 

 Artpriceは、自社製のIntuitive Artmarket® AIをアート市場に導入する予定です。

Artprice by Artmarket.comは、1987年からのインターネットのパイオニアとしての長い経験を持つGroupe Serveurの傘下で、強力かつ便利な自社製アルゴリズムを数多く開発してきました。これらのアルゴリズムは、個人データ保護や知的財産権などの法的フレームワークに厳密に準拠し、独自の人工知能の基盤となっています。

AIの3つの要素は、データ、計算能力、アルゴリズムです。データの量と品質が増すほど(標準化されたビッグデータであるほど)、それらのデータを使って訓練されるモデルはより「知的」になります。このプロセスは、プログラミングのコンピュータサイエンスと、AIを定義する帰納のコンピュータサイエンスの両方を熟知しているArtprice by Artmarketの運用モデルの中心となるDNAです。

AIの分野での進歩は、Xylologic(1999年にGroupe Serveurによる買収、その後Artpriceに統合)などの革新的な企業の買収によって大きく加速しました。Xylologicは、CERNやWHOなどの著名な科学者(CERN、WHOなど)が所属するスイスの企業であり、AIの誕生と発展を予見していました(詳細は参考文献をご覧ください)。

規制市場に上場する企業としては珍しいことですが、Artprice by Artmarketは、フランスの公的投資銀行(BPI)から「革新的な企業」という厳しい審査基準をクリアし、2度連続で認定を受けています。

Artpriceの創設者であり、Artmarket.comのCEOであるthierry Ehrmann氏は次のように述べています。「2024年には、Artprice by Artmarketは独自のAIである"Intuitive Artmarket®"を導入し、720万人の顧客とメンバーを、迅速かつカスタマイズされたアートの発見の旅に連れて行くことができるようになるでしょう...

...グローバルなプロフェッショナルデータベースパブリッシャーの世界では、経済的な発展のために独自のAIをコアビジネスに統合することが重要です。そのため、Artprice by Artmarket1999年からこの分野に大きな先行投資を行い、2024年をIntuitive Artmarket®の重要な年と位置づけています。経済的には、このツールによって、より洗練された購読オプションが提供され、それによって継続的な売上(ARR)が増えることが期待されます。

両大西洋をまたぐ投資家たちは、AIの分野で真剣な投資機会を探しています。

Artpriceのアルゴリズムと数十億の独自ログデータ、さらにArtpriceのデータベースからの数千万点の芸術作品とテキストを活用することで、アーティストの世界を特徴づける用語や彼らのインスピレーション、使用するメディア、テーマ、形状やボリュームなどを特定することが可能です。そして、私たちが追跡している833,000人のアーティストのバイオグラフィーや認証データを通じて、彼らの世界を広げ、従来の学術的な視覚基準を超えた理解を提供します。Intuitive Artmarket® AIのニューラルネットワークを活用することで、さらなる共鳴を生み出しています。」

Intuitive Artmarket®は、Artprice独自の過去の売上データの分析に基づいて、芸術作品の価値を算出するだけでなく、完全にユニークな作品を含め、将来の変動を予測することもできます。また、学界、企業、大学ではほとんど注目されない、各分野を横断する複雑な芸術上の動向も特定できます。

Intuitive Artmarket®は、Artprice by Artmarketの枠内で多岐にわたる応用が可能であり、高い付加価値を持つさまざまな有料サービスを提供します。

2024年には、Artmarketの顧客向けに多数の新しいサービスプロジェクトが計画されており、2005年に創設されたStandardized Marketplace®にIntuitive Artmarket®をリンクさせる予定です。Standardized Marketplace®は、固定価格または入札価格で77,000点以上の芸術作品を提供しています。また、Intuitive Artmarket®はArtprice by Artmarketのすべてのデータベースとも連携する予定です。

Intuitive Artmarket®は、アート愛好家、アート市場の専門家、美術館のキュレーターなど、Artmarketのクライアントによるコレクションの構築や管理を継続的にサポートします。

Intuitive Artmarket®は、数十億のログの分析、1億2,500万件以上の芸術作品のクリップとトークン化された画像、1,000万件以上のオークション結果(単語埋め込み)を活用し、アートコレクションを始めたり管理したりする顧客に最適なソリューションを提供できるようになります。

アートコレクションの構築に関しては、Intuitive Artmarket®は顧客が提供した基準に基づいて、入手すべき作品の提案を行います。時間経過に応じて割り当てる予算、興味のある芸術運動、好みの媒体、お気に入りのアーティストや似たようなアーティスト、好みの作品のサイズ、取得場所(個人データのセキュリティに関する法的フレームワークを遵守した上で)など、顧客が指定した基準に基づいて、作品の選定を提案します。さらに、顧客の検索行動の分析から、顧客や専門家が気づかなかった好みを特定することも可能です。なお、Intuitive Artmarket®を介したこの分析は、顧客の有料サブスクリプションに含まれており、顧客の同意のもとで行われます(その顧客のサブスクリプションに添付されている販売および利用の一般条件に従います)。

アートコレクションの管理に関しては、Intuitive Artmarket®は最新のオークション結果だけでなく、データの深い分析に基づいたトレンド予測を通じて、コレクションの価値をリアルタイムで更新します。

Intuitive Artmarket®は、コレクターやアート市場のプロフェッショナルに対し、コレクションの売買機会に関する通知を行います。これは、コレクターやプロフェッショナルが設定した目標に基づいて行われます。目標には、「ポートフォリオの金銭的価値を上げたい」、「コレクションの芸術的価値を高めたい」など、さまざまなものがあります。Intuitive Artmarket®では、あらゆることを直感的に設定できます。

また、現代のアーティストは、このツールを活用して自身の作品を販売することもできます。特にNFTを制作するアーティストは、Standardized Marketplace®を通じてより多くの購入者に作品を届ける可能性が高まります。Artpriceは、暗号通貨と主要な国際通貨の環境でアートNFTの一次発行の認証を効果的に取り扱うことができる、世界市場で唯一のプラットフォームです。

Intuitive Artmarket®を使用することで、「オンラインアート」や「オークションハウスアート」など、並行するアートの世界をこれまで以上に簡単に、かつ直感的に探索できるようになります。なぜなら、Intuitive Artmarket®は世界中の7,200のオークション運営者と直接連携しているからです。

現代の忙しい社会においては、時間が非常に貴重です。Intuitive Artmarket®を使用すれば、Standardized Marketplace®を探索し、世界のアート市場をより効率的かつ迅速にモニタリングすることができます。時間の節約はエネルギーの節約にもつながります。これは、環境に責任を持つというArtmarket.comの姿勢にも合致しています。

人工知能は、知的財産をめぐるおびただしい数の紛争への扉を開きました。例えば、合成写真を生成するAIを開発したStability AIは現在、Getty Imagesから数百万枚の画像を不正に抽出したとして訴えられています。

また、ChatGPTも、「ChatGPTは著作権を侵害しているのか?」などという形で頻繁にプロのニュースメディアの見出しに登場しています。ほとんどの法律専門家は、それはまさに著作権の略奪行為であり、OpenAI自体が明確な模倣行為を行っていると指摘しています。

さらに、米国の作家団体であるAuthors Guildによる歴史的な取り組みも存在します。Rolling Stone誌によれば、2023年9月20日にAuthors Guildはニューヨーク州最高裁判所に集団訴訟を提起し、ChatGPTの開発元であるOpen AIに対して、彼らの著作権で保護された作品を大規模な言語モデル(LLM)に「供給している」または「教え込んでいる」と主張しています。Authors Guildの会長であるMaya Shanbhag Lang氏は、 「これは始まりに過ぎません...私たちは軽率にこの訴訟を起こしているわけではありません。戦うためにここにいるのです」と述べています。

それに対して、ArtmarketのAI(Intuitive Artmarket®)は、独自の大量のコンテンツを知的財産法で保護しています。そのため、こうした障壁や潜在的な禁止措置を克服することができます。つまり、私たちのIntuitive Artmarket®は、アート市場のアマチュアや専門家からの非常に具体的な検索に対して、他のデータや回答を探す必要がないのです。

この事実は、Intuitive Artmarket®が売り上げの持続的な成長を支え、Artprice by Artmarket.comの株主にとって大きなメリットと安心感を提供することを保証しています。Artpriceは過去20年間にわたり、アート市場に関連する何百万もの人間の意思決定を記録し、観察し、促進してきました。もちろん、この市場は非常に複雑です。というのも、芸術作品は唯一無二の具体物という性質を持ちながら、人間の感情の極限にある美という抽象的な概念でもあるためです。

私たちのAIが獲得したアルゴリズムの学習によって、Artpriceはアート市場に特化した独自のAIモデルを作り上げ、Artprice by Artmarket.comの収益を最大化しています。

Artprice by Artmarketは、20年以上にわたり、自社のAI(Intuitive Artmarket®)を成功裏に開発・構築するために「アライメントの問題」という重要な課題に取り組んできました。Artpriceグループにとって、「アライメントの問題」とは、科学的でもあり倫理的でもある問題です。どの問題も、Artprice by Artmarketグループ、その顧客、そしてアート市場の何世紀にもわたる無形のルールが独自に育んできた価値観、期待、人間の感受性と、人工知能システム(そしてそれに誘発された結果)との関係によって引き起こされるものです。

ArtmarketのAI(Intuitive Artmarket®)は、新たな職業である「プロンプトエンジニア」によって監督されます。これは、独自のAIのプログラミングと管理を含む役割です。

適切に管理されたAIがもたらす可能性は計り知れず、それゆえに人気を博しているのも分かります。例えば、Microsoft® Bing Chatは、著作権とその隣接権を尊重する責任あるAIの実現に取り組み、1日に1億人以上のアクティブユーザーを集めています。

Microsoftは既にBing Chat for BusinessやMicrosoft Copilotを有料サブスクリプションモードで展開しています。

MicrosoftのCopilot®は、新しいDALL-E 3モデルとGPT-4 Turboと連携し、現在はMicrosoftの365 Business PremiumおよびBusiness Standardのライセンスにおける中核的なサービスとなっています。実際に、MicrosoftはAI Copilot®が「365」のクラウドサブスクリプションの販売を非常に効果的に促進する強力なツールであることを明確に実証しています。これによって、ArtpriceとIntuitive Artmarket®のAI経済モデルも、実現の可能性が確かなものになっています。

Artprice by Artmarket.comは、アート市場やアーティストに関する数千のベータテストの検索を通じて、Bing IA GPT-4がArtpriceやArtmarket.comのURLを参照先として頻繁に引用していることを目の当たりにしています。Microsoft® Bingは、責任ある利用を促進するためにOpenAIと連携しています。同様に、Chat GPT-4 ProはApple iOSとAndroidで有料モードで提供されています。

参考までに、最もよく知られたニューラルネットワークの1つとして、Artpriceが1999年以来日々研究・分析しているGoogleの検索アルゴリズムがあります。2023年の初め以来、Artpriceのアメリカの子会社であるArtprice Inc.は、Google Bardの開発を追跡しています。特に、2024年2月8日にリリースされたGemini Pro AIとそのUltra 1.0インターフェースについては精査しています。同製品はGPT-4に対抗する直接の競合相手です。Geminiは、GoogleがLaMDA言語モデルを基に開発したプロトタイプのチャットボット(実験的な対話型AIサービス)です。Artpriceのエンジニアは、アート市場に特化したGoogle BardやGeminiに関する検索結果を測定し、Artpriceのデータベースへのリンクが多くの回答に含まれていることを確認しました。

G7のメンバー国が共通の関心事としてAIの規制導入の急務を挙げています。

ヨーロッパ、特にフランスは、欧州大陸を世界のAIリーダーの一角に位置づけることを目指しており、現在、AIに関する初めての法律が制定されつつあります。

「欧州連合評議会、人工知能を規制する法案を承認」

2024年2月2日金曜日、EU加盟国の代表者たちは、人工知能に関する新たな法制定を承認しました。この法案が欧州議会で可決されれば、世界初のAI規制法となります。Artprice by Artmarketは、法律家やアドバイザーを通じて本法制定の議論に参加してきました。この新たな法律には、個人データに関する具体的な制約や、著作権の保護、正確な出典の引用など、さまざまな規定が含まれています。

最初の文言は2021年に起草されましたが、近年の人工知能の進化を踏まえて全面的に見直す必要がありました。

2024年2月2日金曜日、欧州における人工知能(AI)の規制プロジェクトが新たな節目を迎えました。欧州委員会の内部市場担当コミッショナー、Thierry Breton氏はXで「27の加盟国が一致団結し、交渉者がイノベーションとセキュリティのバランスを見出した12月の政治的合意を承認しました」と発表しました。交渉者たちは欧州議会と評議会の共同立法者であり、2023年12月8日に原則合意に達しました。

「AI法」と呼ばれるこの規制は、人工知能の利用と開発の両方を管理することを目指しています。これは世界で初めての法的枠組みです。欧州議会のプレスリリース(2023年12月)によれば、この法律は「基本的権利、民主主義、法の支配、および環境の持続可能性を高リスクなAIから保護する一方で、イノベーションを促進し、ヨーロッパをこの分野のリーダーにすることを目指す」ものです。

具体的な例としては、社会的評価や行動操作など、いくつかの新技術の使用が禁止となります。また、最もリスクの高い行為には、厳格な要件が課せられます。例えば、透明性確保の義務や、人間によるソフトウェア操作の実装などです。

これらのさまざまな規定と改正は、Artprice by Artmarketにとって非常に好ましいものです。

ヨーロッパよりも一歩先んじているアングロサクソン系のトップクラスの金融アナリストによると、大企業か中小企業かに関係なく、営利組織を絶え間ない法的手続きに巻き込まず、経済的に実現可能な唯一のモデルは、非常に明確に定義された経済部門に基づくAIによるものだということです。

この経済部門は、組織に不可欠な役割を果たす情報を保有する必要があります。つまり、機械学習(ディープラーニング)やニューラルネットワークを使用してあらゆるアルゴリズム、データベースで確認した著作権とその隣接権からなるビッグデータ全体(データマイニングを含む)の完全な知的財産権です

つまり、莫大な経済的利益をもたらしながら、産業面や法的面で大きなリスクを被らずに勝者となるAIというのは、価格も付加価値も高い情報が重要な役割を果たす特定の市場セグメントにおいて、自社製AIの各段階の知的財産権を完全に所有している経済主体ということになります。Artprice by Artmarket.comが開発したIntuitive Artmarket® AIは、まさにこの要件に合致しています。

私たちのIntuitive Artmarket ® AIは、この現実を完全に認識して設計されています。

以上の段落は、主にIntuitive Artmarket® AIシステムによって生成されました。

1987年以来、Artpriceの親会社であるGroupe Serveurでインターネットとデータバンクの先駆者を務めたthierry Ehrmann氏(Who's Who In Franceの伝記: https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2024/02/2024_Biographie_thierry_Ehrmann_WhosWhoInFrance.pdf)によれば、同社のAIにおける指針は非常にシンプルです。「人間の知性なしには人工知能は存在し得ない」という考え方です。

ArtpriceNFTの一次発行の認証サービスを提供しています

ARTEが制作したドキュメンタリー映画「NFT、アート界のカオス」が5つの言語で公開されました。

https://www.arte.tv/fr/videos/RC-024624/nft-chaos-dans-le-monde-de-l-art/

このドキュメンタリーでは、 自身もビジュアルアーティストであり、NFTアーティストでもあるArtprice.comの創設CEO、thierry Ehrmann氏が、他のアーティストや専門家、国際的なアートNFT界の関係者と共に、独自の分析を披露しています。

美術史におけるNFTの意義を理解するには、NFTが象徴するデジタル面と文化面における革命、そして短期および中期的な役割や影響についての予測が必要です。

Artprice by Artmarket.comでは、現在米国で成立が見込まれている新しい法律により、2024年上半期、アートNFT現象が全世界のアート市場において確立されつつあることを確認できます。一方、ヨーロッパの立法者は、暗号通貨を利用したマネーロンダリングを防止し、消費者、投資家、事業者の信頼を確保するための規制枠組みの策定に取り組んでいます。

この規制の枠組みについては、ArtpriceはArt & Law Instituteの一員として、1997年以来、フランスおよびヨーロッパの主要な政府機関に対して研究、会議、提案を行ってきました。

thierry Ehrmann氏によれば、「Artprice by Artmarket.comは、アート市場に関する年次報告書や上場企業として公表される規制情報において、NFTについて常に言及してきました。ブロックチェーンや暗号通貨の真の理解、そしてサイファーパンク(1990年代初頭のPGP型データ暗号化の時代)における文化的な起源を理解しなければ、この新しい市場を適切に把握することはできない」とのことです。

実際、トップのNFTプラットフォームであるOpenSea自体も、アートNFTの一次発行の80%が第三者の知的財産権に影響を与える可能性があると発表しています。そのため、OpenSeaはこの問題に対処し、売り手と買い手を保護する解決策を模索しています。これにより、Artpriceによる一次発行市場の認証が進む可能性があります。

すべての基本的なパラメータと必要なデータを考慮に入れると、暗号通貨や主要な国際通貨の環境下で、アートNFTの一次発行の認証に真に応えることができるのはArtprice by Artmarketだけです。

Artpriceは27年以上にわたり、アート市場情報のグローバルリーダーとしての地位を築いており、世界的に認められたデータベースの作成者かつ所有者でもあります。さらに、Artpriceは1700年から現在までのアート市場の資料、原稿、写本、注釈付き販売カタログなど、世界最大の文献コレクションを所持しており、これによってデータベースの真正性と歴史的な信憑性が保証されています。

具体的には、作品やアートNFTのオンライン上での掲載には、アーティストとプロの販売業者の身元確認が非常に厳格かつ厳密な手続きを経る必要があります。NFTの販売においては、この段階での厳格な管理がますます重要となっています。他のサイトではこの点に緩さがあるため、数多くの問題が生じています。

Artprice by Artmarketの付加価値は、アーティストに対する知識にあります。それは、彼らの過去のオークション実績や知名度を通じて得られたものです。さらに、Artpriceはイントラネットメッセージングシステムを提供しており、買い手と売り手が秘密を守りながら取引に合意できます。

Artprice by Artmarketの目標は、NFTの革命の究極的かつ避けられない結果であるメタバースを通じて、最も成功し競争力のあるアートNFTプラットフォームになることです。

メタバースは、NFTを通じてアート市場の飛躍的かつ持続的な成長を保証します。また、メタバースとともに、ブロックチェーンとスマートコントラクトがあり、フランスのADAGPなどの著作権団体と提携してアーティストに公正な報酬を保証します。Artpriceは長い間、アーティストを支援するためにADAGPと提携しています。

Artpriceは3年前に、EthereumがアートNFT市場におけるスマートコントラクトの基準となることを認識しました。また、2022年以降、クリスティーズ3.0もEthereumブロックチェーンを利用しています。

Artprice by Artmarketの調査によれば、

アート市場の主なプレーヤー、特に世界中のオークションハウスの大半は現在、NFT部門を設け、年間を通じてカタログ販売とオンライン販売を行っています。同様に、美術館やアートギャラリー業界の主要な機関も独自のNFTを発行し始めています。アート市場の主なプレーヤーの大半は、透明性と改ざん防止を保証するためにEthereumブロックチェーンを選択しています。

1980年代に初めて生まれたデジタルアートは、現在では手頃な価格で約5億人のアートNFT愛好家にアピールしています。アートNFTの購入や販売の真正性と履歴管理は、ブロックチェーンによって保証されています。SamsungのTizen OSを搭載した数億台のスマートテレビでは、「NFT Art」というアプリがNetflixとYouTubeの間に自動的にインストールされ、直接アクセスすることができます。

Artpriceによれば、すでに54,000人以上のアーティストが自身のNFTを購入者向けに制作しています。これはパラダイムシフトの始まりに過ぎません。

多くの社会学者、美術史家、アナリストによれば、NFTの登場は、1950年以来のアート市場とその主要プレーヤーの構造を根本的に変える重要な出来事です。

Artmarket.comは、2022年にはすでにオークション結果の表示に暗号通貨を従来の通貨と並べて採用し、現在はBitcoinEthereumを使用して美術品の売買が行われています。

Artprice by ArtmarketのCEO、thierry Ehrmann氏は次のように述べています。「アート市場にとっても暗号通貨にとっても最適な条件のもとで、Artprice by Artmarketの歴史において重要なこのシステムを導入するタイミングを、私たちは辛抱強く待っていました。今こそ、権威あるStandardized Marketplace®を展開し、それを暗号通貨とNFTの世界に広げる時です。それはまさにインターネットの直近の未来であるWeb 3.0への参入です。Artprice25年以上、アート市場情報のグローバルリーダーとして歩んできました。今回の一歩は、その知識と経験なしには実現できませんでした。

ArtpriceStandardized Marketplace®では、世界中から毎日77,000以上のアート作品が提供されています。これらの作品は、720万人以上のArtpriceの顧客や会員によって売買され、年間数億ユーロ相当の取引が行われています。このプラットフォームは、買い手と売り手の間に18年以上にわたって築かれてきた信頼の証しです。そのため、暗号通貨を支払い手段に追加した後、ArtpriceがアートNFTという新しいカテゴリー/媒体をプラットフォームに導入したのは自然な流れでした。これは、Artpriceが美術史とアート市場の歴史に合法的に参入した証しとなるものです。」

2022年9月以降、Artpriceのデータベース全体でBitcoinとEthereumのオークション結果への参照が増えていることをじっくりと観察しました。その結果、Standardized Marketplace®で暗号通貨の価格も引用することを決定しました。

ETHとBTCという2つの主要な暗号通貨が、現在存在する約23,000の暗号通貨(ステーブルコインを除く)の総価値の92%以上を占めています。

Artpriceは数億の接続ログを分析し、17ヶ月以上にわたってBitcoinとEthereumの価格への参照が頻繁に増加していることを確認しました。これらの価格は統計的にも、ドルやユーロ、ポンド、円などの主要な国際基準通貨の価格に匹敵しています。

Artpriceでのこの動向は、アートの専門家やコレクター、アート愛好家の間で暗号通貨がますます重要な役割を果たしていることを示しています。

また、暗号通貨の重要な出来事として、世界最大の資産運用会社であるBlackRockとFidelityが2024年1月11日にSECから承認を受け、Bitcoinに直接投資するETF(BitcoinスポットETF)を立ち上げたことが挙げられます。これはBitcoinにとって大きな節目となりました。2024年2月9日時点で同通貨の価格は約49,000ドル、Ethereumの価格は2,500ドル程度です(ETH ETFもまもなく登場予定です)。

BlackRockとFidelityはBitcoinのおかげで過去30年で最高のETF立ち上げを達成しました。「IBIT」と「FBTC」というファンドは、取引開始からわずか1ヶ月で65億ドルを調達し、これはそれまでに立ち上げられた5,500以上の他のインデックスファンドよりも多いです。Les Échos紙は、2024年1月10日付の記事で「Bitcoin ETFSEC、ウォール街の大きな扉をBitcoinに開く」という見出しを掲げています。

これはBitcoinにとって新たな記録です。過去30年間に立ち上げられたた5,535のETFの中で、BlackRockの「IBIT」とFidelityの「FBTC」が最も強力なスタートを切った、とBloombergの専門家、Eric Balchunas氏は語っています。

これにより、個人投資家やプロの投資家は、時価総額第1位の暗号通貨に間接的に投資することが可能になりました。つまり、その資産を直接保有する必要はありません。

暗号通貨を通じて、新しいコレクターや美術愛好家がアート市場に惹き寄せられています。彼らは、投機やリスクを冒す興奮を嫌がらずに、Web 3.0の暗号通貨の世界にしっかりと結びついています。

Artprice by Artmarketの近い将来は、Web 3.0(メタバースとNFT)とArtpriceの人工知能、Intuitive Artmarket® AIが交わる場所となるでしょう。

そのため、Artpriceは現在、本社である「L'Organe」内にメタバースを作り上げる作業の最終段階に入っています。L'Organeは現代美術館であり、「Demeure du Chaos(混沌の住まい)」(The New York Timesの表現)を管理している建物です。この建物は、視覚芸術家でありArtpriceの創設者であるthierry Ehrmannが手掛けた非常に特異な建築物であり、「総合芸術作品」として分類されます。この建物内には、オフィスや付属建物、周囲の壁に組み込まれた6,300点以上の芸術作品があります。これらの芸術作品は、欧州のグループTT Géoomètres Expertsの3D LabとArtpriceの親会社であるGroupe Serveurの協力によって完全にデジタル化されました。総面積は7,555平方メートル以上で、そのデジタル資産は12テラバイトにも及びます。この作業は2018年から2023年にかけて実施されました。詳細については、以下のリンクをご覧ください。

https://ftp1.serveur.com/abodeofchaos_singular_architecture.pdf

すべての必要な投資は、既にGroupe Serveurによって完全に賄われています。

現在、最終段階にあるArtprice Metaverseは、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)でアクセスできるように設計されており、創作にとっての障害であるWeb 2.0の制約を忘れさせることを目指しています。これにより、特に2024年2月2日にアメリカで一般公開されたApple® Vision Proによって提供される空間コンピューティングの恩恵を、クリプトユニバースの愛好家たちが十分に享受することができるでしょう。同時に、アメリカのテクノロジー巨大企業は、大規模にAR/VRヘッドセットや眼鏡への投資を行っています。

さらに、困難な経済状況であっても、Ethereumは2022年9月15日に「The Merge」と呼ばれる完全に脱炭素化されたEthereum 2.0 Blockchainへの移行を果たしました(世界的なエネルギー危機の中での成し遂げられたものです)。実際、創設者のVitalik Buterinによれば、「The Merge」により、ETH Blockchainの電力消費量は「Proof of Work」(PoW)から「Proof of Stake」(PoS)への移行によって99.95%以上も削減されました。また、2024年には新しいバージョンである「The Surge」(EIP-4844)が導入され、取引コストも削減される予定です(出典:Ethereum Foundation)。

近い将来、Artprice by Artmarketはこのパラダイムシフトの最前線に位置しています。

画像:

[https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2024/02/image1_ai_intuitive_artmarket.jpg]

[https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2024/02/image2-ghost-ship.jpg]

Copyright 1987-2024 thierry Ehrmann



 www.artprice.com - www.artmarket.com

     Artmarketについて

Artmarket.comは、Euronext ParisのEurolistに上場しており、SRD long onlyおよびEuroclearにも掲載されています。証券コード: 7478、Bloomberg: PRC、Reuters:  ARTF。

ArtmarketとArtprice部門の詳細は、以下の動画でご覧いただけます:www.artprice.com/video

ArtmarketとArtprice部門は、1997年にCEOのthierry Ehrmann氏によって設立されました。ArtmarketとArtprice部門は、1987年設立のGroupe Serveur傘下に置かれています。

Who's Who©で経歴をご覧ください。

https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2024/02/2024_Biographie_thierry_Ehrmann_WhosWhoInFrance.pdf

Artmarketは、その他の構造とともに、Artprice部門を有するアート市場のグローバルプレイヤーであり、過去および現在のアート市場に関する情報(長年にわたって入手したオリジナルの文書資料、写本、注釈書、オークションカタログなど)の蓄積、管理、利用において世界トップの地位にあります。これらのデータバンクには、825,000以上のアーティストをカバーする3,000万以上の指標とオークション実績が含まれています。

アート市場に関する情報の世界的なリーダーであるArtprice by Artmarketは、Global Standardized Marketplaceを通じて、世界有数のファインアートNFTのプラットフォームとなることを目指しています。

Artprice Images®では、世界最大のアート市場の画像バンクに無制限にアクセスすることができます。1700年から現代までの芸術作品の写真や彫刻のレプリカなど、1億8,000万点以上のデジタル画像を当社の美術史家が解説しています。

Artprice部門を持つArtmarketは、7200のオークションハウスからのデータを常時蓄積し、主要な報道機関や広告代理店(7,200の出版物)向けに主要なアート市場情報を提供しています。720万人(「メンバーログイン」+「SNS」)のユーザーが他の会員が投稿した広告にアクセスできる本ネットワークは今日、固定価格または入札価格で、芸術作品の売買をおこなうGlobal Standardized Marketplace®の代表的な存在となっています(オークションはフランス商法L 321.3条第2項および第3項で規制されています)。

Artprice部門を有するArtmarketは、アート市場におけるグローバルプレイヤーとしての地位を固めるプロジェクトにおいて、同社を支援してきたPublic Investment Bank(BPI)から「革新的な企業(Innovative Company)」という公的認証を2回受けています。

Artprice by Artmarketが2023年コンテンポラリーアート市場レポートを発表:

https://www.artprice.com/artprice-reports/the-contemporary-art-market-report-2023

Artprice by ArtmarketによるGlobal Art Market Report「The Art Market in 2022」2023年3月発表:

https://www.artprice.com/artprice-reports/the-art-market-in-2022

ArtmarketがArtprice部門で掲載したプレスリリースの見出し:

https://serveur.serveur.com/artmarket/press-release/en/

FacebookとTwitterで、ArtmarketとArtprice部門がお届けする、すべてのアート市場ニュースをリアルタイムでご覧ください。

www.facebook.com/artpricedotcom/(フォロワー数650万人以上)

twitter.com/artmarketdotcom

twitter.com/artpricedotcom

ArtmarketとArtprice部門の秘術と世界観を発見してください。https://www.artprice.com/video有名なOrgane Contemporary Art Museum、「カオスの住処(The Abode of Chaos)」(ニューヨークタイムズ紙より)を本部所在地としています。https://issuu.com/demeureduchaos/docs/demeureduchaos-abodeofchaos-opus-ix-1999-2013

La Demeure du Chaos/カオスの住処

ゲザムトクンストヴェルク(総合芸術作品)とシンギュラー・アーキテクチャー(特異な建築)

機密のバイリンガル作品が現在公開されています:

https://ftp1.serveur.com/abodeofchaos_singular_architecture.pdf

Artmarket.comおよびArtprice部門へのお問い合わせ - 連絡先:Thierry Ehrmann氏, ir@artmarket.com

画像 - https://mma.prnewswire.com/media/2339778/Artmarket_1.jpg

画像 - https://mma.prnewswire.com/media/2339777/Artmarket_2.jpg

ロゴ - https://mma.prnewswire.com/media/2260897/4543220/Artmarket_logo.jpg

Artmarket logo

 

SOURCE Artmarket.com


댓글삭제
삭제한 댓글은 다시 복구할 수 없습니다.
그래도 삭제하시겠습니까?
댓글 0
댓글쓰기
계정을 선택하시면 로그인·계정인증을 통해
댓글을 남기실 수 있습니다.
주요기사
이슈포토